トップページ
  • JAの紹介
JA新はこだてのご紹介

JA新はこだてのご紹介


JA新はこだてについて

 JA新はこだては、北海道南西部の渡島半島一円、2市12町を区域にする広域JAです。 平成14年2月に13JAが互いに手を取り合い、一つの農協となりました。 現在は7つの基幹支店、17の一般支店・事業所を拠点に事業を行っています。

 北海道の中でも温暖な気候に恵まれており、水稲をはじめ青果・花卉と北海道各地で生産されているほとんどの農産物が生産されています。 また、酪農畜産も盛んで、北海道農業の中でも先駆的な地域です。

 私たちは、以下に掲げる基本理念に基づいて、組合員および地域社会から支持され「頼りになるJA」を目指します。

緑色の点は一般支店を表します。

基本理念

1. 夢ある農業づくりと心豊かな地域づくり

私たちは、地域農業の絶え間ない発展を目指す取り組みに邁進するとともに、各事業の総合力を発揮しながら、農協利用を通じて組合員の営農と生活の安定・向上を実現します。
さらに各種の利用を通じて地域社会に貢献すると共に、健全な経営の維持に努めながら地域の人々に信頼されるJAづくりを進めます。


2. 未来に向けた事業開発とたゆまぬ研究開発

環境の変化に即応しながら、効率よく能力が発揮できる業務改善を進めるとともに、JAの強みを発揮した事業展開により健全経営と経営基盤の強化を図ります。
また、組合員及び地域社会のニーズを的確に把握しながら、これらの期待に応える研究開発を積極的に実施します。


3. 情熱とチャレンジ精神をもった人づくり

JAの将来を担う人づくりを積極的に進めるため、生産組織の充実をさらに強化します。
また、JA内にあっては将来に向けた人材の育成を図るとともに、専門職員として発想の転換と創意工夫にチャレンジする姿勢を常に求め続け、プロフェッショナルを育成します。


組合長あいさつ

輪島 桂 組合長

代表理事組合長
輪島 桂

 当ホームページにアクセスしていただき、誠にありがとうございます。 JAの各事業におきましては平素より格別のご理解とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
 さて、農業・食料を取り巻く情勢は世界的な異常気象の頻発と生産条件の悪化に加え、発展途上国を中心とする人口増加等により、世界の食糧需給は偏在化の傾向にあり、益々不安定な状況となっております。
 国内農業においては、農業者の高齢化に伴う農家戸数の減少や後継者不足、依然として不安定な状態にある農産物価格に加え、生産資材価格の高止まりなど、大変厳しい農家経営を強いられており、昨今はTPP問題や農業改革など、農業・JAを巡る環境は大きな転換期にあり、多くの問題が山積しております。
 このような状況を踏まえ、当JAは、地域農業の活性化と、農業所得の拡大に向けた生産・販売対策に取り組み、組合員の農業経営と生活を支えるとともに、JA活動を通じて地域社会への貢献にさらに邁進し、組合員や地域の皆様に信頼されるJAづくりを役職員一体となって取り組んでまいります。
 当ホームページを通じて、JA新はこだて管内農業、さらには農村地域での出来事など、地域交流・活動の情報発信元として全国の皆様とのコミュニケーションを図り、皆様方に愛されるJAを目指してまいりますので、ご支援ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

JAのシンボルマーク


 このシンボルマークは、農畜産物の新鮮さを表す鮮明なグリーンと大地の恵みというスケールの大きさを意味する楕円で書かれています。
 また、豊かな農畜産物と各地域との絆を表す二つの葉や地域との連携を象徴する「はこだて」のイニシャル「H」を同時に表現し、JA新はこだてが未来に伸び行く姿を象徴するデザインとなっています。